若い頃に正社員から派遣会社に転職して良かったと感じた事と悪かった事

若い頃に正社員から派遣会社に転職して良かったと感じた事と悪かった事

私は若い頃に専門学校を卒業後、正社員で就職をしました。
家族も「正社員」の響きに安心してくれて、私もこのまま仕事を続けていくつもりでしたが、会社の人間関係や業務に違和感を感じて転職をする決意をしました。
転職をすると言っても、実際にどんな職業に就きたいのか考えもせずに会社を退職してしまい、貯金が底になるまで色んな会社に面接に行きました。正社員で採用の連絡を貰った会社も何件もあるものの、何となくこの仕事に就きたいと思える所がなくダラダラしていました。
流石に貯金がなくなり、次の仕事先が見付かるまでの期間の仕事として選んだのが派遣会社です。今までは事務職をしていたので、工場関係の派遣で働くのは初めてだった私は、多くの人と交流するのが億劫でした。それでも貯金を溜めなければと思う意思の中、一か月仕事を続けてみると、仕事にやりがいを感じ楽しいと思えるようになっていました。正社員の頃は残業をしても給与に変動はなかったのですが、派遣社員で働き始めてからは、頑張った分がお金になる達成感があり私には合っていたようです。
転職をして、職場の人間関係にもトラブルがなく良い環境で仕事が出来てラッキーでした。また、派遣社員であっても上司の対応は社員達と同様の扱いをしてくれて、年齢や役職関係なく、仕事の話を出来る環境がとても好きでした。良い部分が多い一方で、どうしても仕事には浮き沈みがあり、仕事がない時には派遣切りがありました。会社を守る為だったので仕方がなく、主に仕事へのやる気で切る人物が選ばれていました。やはり若い人や残業が可能な人が優遇だったので、私も当時は優遇をしてもらっていました。
少し高齢の方や、よく休んでしまう人は切られる対象になっていましたが、派遣会社が他の会社を手配してくれたりしていた為、次の仕事に困る人はいなかったです。
結局はどの職場も入社してみなければ、中の事は分からないので何度退職をしても良いので自分に合う仕事探しをするのは大事だなと思いました。

Close