派遣会社を通じた転職~気軽に仕事を探せるという利点もあるが、頼りすぎには注意も?

派遣会社を通じた転職~気軽に仕事を探せるという利点もあるが、頼りすぎには注意も?

単に転職といっても、その理由は様々あると考えられる。年収アップやスキルアップを目指した転職、もしくは職場における環境面から転職を考えることもあるだろう。また、家庭と仕事のバランスを考え、正社員で仕事を続けるのではなく、派遣社員として仕事を続けるという選択肢もある。著者も、以前は正社員として勤務をしていたが、勤務時間の形態や出勤にかかる時間の面から、自宅の近場にある職場を、派遣社員という形で紹介してもらうことで転職を行った。

派遣会社を通じた転職のメリットはなんといっても、仕事の探しやすさである。まず派遣会社に登録をすると、一人ひとりに担当が付き、希望する仕事内容や勤務時間、自宅からの距離等を相談、また、転職関わる不安についても、電話やメール等でサポートしてくれる。さらに、派遣先を決定する際、就職する本人と派遣先の担当者との間で面談が行われることが多いが、派遣会社の社員がこれに同行をしてくれるとともに、面談に向けたアドバイス(当日の持ち物から服装、想定される面談事項まで)を事前に伝えてくださることから、転職が未経験の人にとって、転職のハードルが大きく下がるように感じる。

一方、デメリットもあり、派遣会社からの情報が多く、自分に合った仕事を探すのが困難なこともある。派遣会社に登録したメールアドレスには、一日に数十通を超える、仕事の案内が入ることから、いったいどの仕事が自身にあっているのか、判断に困ることがある。このような場合には、自身を担当している派遣会社の社員に相談し、送られてくる仕事案内の内容を調整し、自身にあった仕事が選びやすい環境を作る手助けをしてもらうことも肝心であるように感じる。

初めて転職をする場合、どのように仕事を探せばよいか、さらにどのような仕事ができるか、自分自身のみで考えることは難しい場合が多い。このようなとき、派遣会社や転職エージェントなどの仕事紹介を頼って、転職することも一つの手段である。しかし、担当者に頼りすぎず、自身がその職場で長く働けるイメージを持つことが、転職を成功させるための最も重要な観点であることは変わらないと思うが。

Close